しゃらくさい

【意味】 しゃらくさいとは、分に似合わず生意気であること。

【しゃらくさいの語源・由来】

しゃらくさいの語源は、以下の通り諸説あり、正確な語源は未詳である。
一つ目の説は、「お洒落(しゃれ)」が転じて「しゃら」になったとする説。 江戸時代、身分不相応なおしゃれをすることを「しゃらくさい」と言い、形や容姿だけ真似た成り金は、どこか俗っぽいという意味からで、現在の意味にも近い。
ただし、漢語の「洒落」を「しゃらく」や「しゃら」とは言ったが、「しゃれくさい」といった語形は確認されていない。
二つ目の説は、江戸時代の浮世絵師 東州斎写楽(とうしゅうさいしゃらく)からとった説で、この説には、写楽が「しゃらくさい」からとったとする逆の説もある。
三つ目の説は、越前の三国界隈で、遊女のことを「しゃら」と呼び、素人女性が遊女のようにめかしこむことを「しゃらくさい」と言っていたとする説。
この場合の「くさい」は、「~めいている」という意味で使われる「くさい」と考えられる。
また、遊女を買いに来たおじさんが安物のお香を臭わせ、その臭いが「伽羅(きゃら)」というお香の臭いと混じり合ったことを馬鹿にして、「きゃら臭い」と言い始めたものが訛ったとする説もある。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス