しゃにむに

【意味】 しゃにむにとは、一つのことをがむしゃらに行うさま。ただひたすらに。むやみに。

【しゃにむにの語源・由来】

「しゃにむに」は18世紀半ばに見られる語。 「しゃにむに」と意味や語形が似ている言葉で、17世紀半ばに見られる「しゃりむり(差理無理)」があり、「しゃにむに」は「しゃりむり」が音変化した語と考えられる。
「しゃりむり」の「むり(無理)」は字義通りと捉えて問題ないが、「しゃり(差理)」の意味は、道理と食い違う意味か、単なる当て字か不明であり、「しゃりむり」の語源は定かではない。
「しゃにむに」の語源には、「遮二無二」という漢字をもとに、さえぎるものが二つとない様子からとする説もあるが、「しゃりむり」が語義・語形・時代からみて妥当なため、「遮二無二」は、意味も含めた当て字と考えた方が良いであろう。
また、「斜に構える」の「斜に」に「無理に」を略した「むに」をつけた語で、なりふり構わずという意味からとする説もあるが、これは商品名や社名などを決める際の発想であり、言葉の成り立ちとしては不自然である。

【関連語】

敢えて(あえて) 齷齪(あくせく) 意固地・依怙地(いこじ)
一目散(いちもくさん) 一生懸命(いっしょうけんめい) 一心不乱(いっしんふらん)
一点張り(いってんばり) 一辺倒(いっぺんとう) 一本槍(いっぽんやり)
大童(おおわらわ) 頑な(かたくな) 我武者羅(がむしゃら)
ガリ勉(がりべん) 頑張る(がんばる) 生真面目(きまじめ)
きりきり舞い(きりきりまい) 強情・剛情(ごうじょう) 拘り(こだわり)
ゴリ押し(ごりおし) 遮る(さえぎる) 地道(じみち)
しゃかりき 斜に構える(しゃにかまえる) てんてこ舞い(てんてこまい)
とことん 兎に角(とにかく) 熱心(ねっしん)
励む(はげむ) ハッスル 只管(ひたすら)
直向き(ひたむき) 一筋(ひとすじ) 真面目(まじめ)
向きになる(むきになる) 夢中(むちゅう) 無二無三(むにむさん)
無闇(むやみ) 無理矢理(むりやり) 専ら(もっぱら)
闇雲(やみくも) 横紙破り(よこがみやぶり) 横車を押す(よこぐるまをおす)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

遮二無二(しゃにむに)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
遮二無二の意味・読み・漢検級・由来・類義語・対義語 - 平明四字熟語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス