しゃもじ

【意味】 しゃもじとは、飯や汁をすくうのに用いる道具。特に、飯を炊飯器やおひつから食器に盛る道具。皿形の部分に柄がついている。

【しゃもじの語源・由来】

しゃもじは、「しゃくし(杓子)」の「しゃ」に「文字」をつけた女房詞が一般化した語。
しゃもじと同様に「文字」をつけた女房詞には、「鯉」をいう「こ文字」、「髪」をいう「か文字」などがある。
飯を盛るものを区別して「めじゃくし(飯杓子)」や「いいがい(飯匙)」と言ったが、「しゃもじ」は飯だけでなく、汁をすくうものも含めた呼称であった。
時代と共に「めじゃくし」や「いいがい」の語は廃れ、飯を盛るものを「しゃもじ」、汁をすくうものを「お玉杓子(おたま)」と呼ぶようになっていった。

【関連語】

柄(え) 御玉杓子(おたまじゃくし) お櫃(おひつ)
髪(かみ) 串(くし) コイ・鯉(こい)
御飯(ごはん) 米(こめ) 匙(さじ)
皿(さら) 笊(ざる) ジャー
杓子(しゃくし) 汁(しる) スプーン
茶碗(ちゃわん) 爪楊枝(つまようじ) 道具(どうぐ)
トング 丼(どんぶり) ナイフ
箸(はし) 柄杓(ひしゃく) ピンセット
フォーク ヘラ・箆(へら) 飯(めし)
文字(もじ) 盛る(もる) ライス
レンゲ・蓮華(れんげ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス