杓子定規

【意味】 杓子定規とは、何でも一定の基準や規則に当てはめ処置しようとすること。融通のきかない態度ややり方。

【杓子定規の語源・由来】

杓子は汁をすくったり飯を盛ったりするのに使う道具で、古くは杓子の柄は曲がっていた。
そのような柄の曲がった杓子を、真っ直ぐな定規の代わりに使うところから、無理に基準に当てはめたり、融通のきかないことを「杓子定規」というようになった。

【関連語】

意固地・依怙地(いこじ) 一点張り(いってんばり) 一本槍(いっぽんやり)
柄(え) お仕着せ(おしきせ) 御玉杓子(おたまじゃくし)
頑な(かたくな) 勝手(かって) 生真面目(きまじめ)
強情・剛情(ごうじょう) ご多分に漏れず 拘り(こだわり)
ゴリ押し(ごりおし) 強いて(しいて) 杓子(しゃくし)
杓文字(しゃもじ) 定規(じょうぎ) 唐変木(とうへんぼく)
屁理屈(へりくつ) 墨守(ぼくしゅ) 朴念仁(ぼくねんじん)
曲がる(まがる) 真っ直ぐ(まっすぐ) 無理矢理(むりやり)
横紙破り(よこがみやぶり) 横車を押す(よこぐるまをおす) 理不尽(りふじん)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス