癪に障る

【意味】 癪に障るとは、不快で腹が立つ。癪にさわる。しゃくに障る。

【癪に障るの語源・由来】

「癪」は胸や腹のあたりが急に痙攣して激痛が走ることで、「さしこみ」のこと。
腹が立った時には胸や腹が痛むことから、こう言うようになった。
「障る」と「触る」は同源ではあるが、「癪」は体の部位のように触れられるものではなく、「癪」という病気になることを表しているので、「癪に触る」と書くのは間違いである。
「積」に「病垂れ」で「癪」と書くのは、辛苦が積もって起こる病という意味から作られた和製漢字。
「しゃく」と読むのは、「積」を呉音で「しゃく」と読むからである。

【関連語】

怒る(いかる) 憤る(いきどおる) いけ好かない(いけすかない)
痛い(いたい) 忌々しい(いまいましい) 嫌味・厭味(いやみ)
イライラ 鬱陶しい(うっとうしい) お冠(おかんむり)
怒る(おこる) 体(からだ) 癇癪玉(かんしゃくだま)
癇に障る(かんにさわる) 冠を曲げる(かんむりをまげる) 機嫌(きげん)
逆鱗に触れる 剣幕(けんまく) 業腹(ごうはら)
業を煮やす(ごうをにやす) 心(こころ) 小癪(こしゃく)
触る・障る(さわる) 地団駄を踏む(じだんだをふむ) 癪の種(しゃくのたね)
癪の虫(しゃくのむし) 切歯扼腕(せっしやくわん) 旋毛を曲げる(つむじをまげる)
鶏冠に来る(とさかにくる) 鼻持ちならない 腹(はら)
腹が立つ(はらがたつ) 顰蹙を買う(ひんしゅくをかう) 臍を曲げる(へそをまげる)
むかつく 向かっ腹(むかっぱら) 胸(むね)
目くじらを立てる(めくじらをたてる) 八つ当たり(やつあたり) 病(やまい)
柳眉倒豎(りゅうびとうじゅ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス