シャクナゲ

【意味】 シャクナゲとは、ツツジ科の常緑低木の総称。深山に自生する。葉は大形の長楕円形で光沢がある。春、淡紅色の花をつける。園芸品種が多く、野性の変種も数多い。

【シャクナゲの語源・由来】

シャクナゲは、「石南花」を呉音読みした「シャクナンゲ」が転じた名前。
中国では、「石南」「石楠」という表記、「石南花」「石南草」といった呼び方がある。
「石南」と書くのは、石の間に生え、南向きの土地を好むことからである。
ただし、語源は漢名からであるが、中国でいう「石南」は日本の「シャクナゲ」とは異なる品種で、誤って名付けられたものといわれる。
その他、シャクナゲの語源には「尺にも満たないから」「癪に効くから」という説もあるが俗説である。

【関連語】

アカモノ・赤物(あかもの) アケボノツツジ・曙躑躅 アセビ・馬酔木(あせび)
アルペンローゼ 石(いし) イワツツジ・岩躑躅
イワナシ・岩梨(いわなし) イワヒゲ・岩鬚(いわひげ) ウスノキ・臼の木(うすのき)
ウラシマツツジ・裏縞躑躅 ウワウルシ ウンゼンツツジ・雲仙躑躅
エリカ オオムラサキ・大紫 カルミア
木・樹(き) キバナシャクナゲ キリシマツツジ・霧島躑躅
クランベリー クルメツツジ・久留米躑躅 クロマメノキ・黒豆の木
コケモモ・苔桃(こけもも) サツキ・皐月(さつき) サラサドウダン・更紗灯台
ジムカデ・地百足(じむかで) シャシャンボ・南燭 スノキ・酢の木(すのき)
セイシカ・聖紫花(せいしか) ツガザクラ・栂桜(つがざくら) ツクシシャクナゲ・筑紫石南花
ツツジ・躑躅(つつじ) ツルコケモモ・蔓苔桃 ドウダンツツジ・満天星躑躅
トケンカ・杜鵑花(とけんか) ナツハゼ・夏櫨(なつはぜ) ネジキ・捩木(ねじき)
ネモトシャクナゲ・根本石南花 葉(は) ハクサンシャクナゲ
ハコネコメツツジ 花・華(はな) ハナヒリノキ・嚔の木
ハリガネカズラ・針金蔓 春(はる) ヒース
ヒカゲツツジ・日陰躑躅 ヒメシャクナゲ・姫石南花 ブライアー
ブルーベリー ミツバツツジ・三葉躑躅 南(みなみ)
ミヤマキリシマ・深山霧島 モチツツジ・黐躑躅 ヤシオツツジ・八潮躑躅
ヤマツツジ・山躑躅 ヨドガワツツジ・淀川躑躅 リュウキュウツツジ
レンゲツツジ・蓮華躑躅

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス