しゃっくり

【意味】 しゃっくりとは、横隔膜の痙攣によって出る音声。その状態。吃逆(きつぎゃく)。

【しゃっくりの語源・由来】

「しゃくり泣き」「しゃくり上げる」と使われる「しゃくり」が音便化した言葉である。
しゃくりは、くりぬく意味の「さくり」が変化した言葉で、「しゃっくり」「しゃくり」「さくり」は同じ意味で使われることもある。
くりぬく意味の言葉に由来するのは、腹がくりぬかれたような感じがするためである。

【関連語】

欠伸(あくび) 鼾(いびき) おくび
音(おと) おなら 嚔(くしゃみ)
口(くち) げっぷ 声(こえ)
咳(せき) 唾(つば) 泣きべそをかく(なきべそをかく)
泣く・鳴く・啼く(なく) 腹(はら) 屁(へ)
反吐(へど) 噎ぶ・咽ぶ(むせぶ) 涎(よだれ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス