社会

【意味】 社会とは、人間が共同生活を営む際のまとまった組織や、その相互関係。世の中。世間。同類の仲間や集団。

【社会の語源・由来】

社会は、福地源一郎(福地桜痴)による英語「society」の訳語。
明治初期まで「society」に相当する訳語は存在せず、「交際」「仲間」「連中」「組」「俗間」「社中」などが当てられていた。
その中で、明治8年(1875年)、福地源一郎が『東京日日新聞』に「ソサイエチー」のルビ付きで「社會(社会)」の語を使用したことで、「社会」という訳語が定着した。
ただし、当初は「小さな共同体」「会社」など狭い意味で用いられており、明治10年頃から一般にも普及し、現在のように広い意味で用いられるようになっていった。
福澤諭吉が「society」の訳語として「社會(社会)」という語を作ったとする説もあるが、福地源一郎の方が早い。 「社会」という語自体は、中国の宋学の入門書『近思録(1176年刊)』に見られ、日本でも文政9年(1826年)の『輿地誌略』に「教団」「会派」の意味で「社會」が用いられている事からも分かるとおり、福地源一郎による造語という訳ではない。

【関連語】

浮世(うきよ) 温柔郷(おんじょうきょう) 会社(かいしゃ)
角界(かくかい・かっかい) 革命(かくめい) 学校(がっこう)
花柳界(かりゅうかい) カルチャー 国(くに)
暮らし(くらし) グループ 経済(けいざい)
極楽(ごくらく) 三面記事(さんめんきじ) 地獄(じごく)
市井(しせい) 社会の窓(しゃかいのまど) シャカイハタオリ・社会機織
娑婆(しゃば) 所帯・世帯(しょたい) 新聞(しんぶん)
生活(せいかつ) 政治(せいじ) 世界(せかい)
世間(せけん) 象牙の塔(ぞうげのとう) 組織(そしき)
地方(ちほう) 巷(ちまた) 桃源郷(とうげんきょう)
仲間(なかま) 文化(ぶんか) 町・街(まち)
村(むら) 群れ(むれ) 冥土・冥途(めいど)
遊郭・遊廓(ゆうかく) ユートピア 遊里(ゆうり)
黄泉(よみ) リアル 梨園(りえん)
ルビ 連中(れんちゅう)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス