娑婆

【意味】 娑婆とは、この世。俗世間。自由が束縛されている刑務所などから見た自由な世界。シャバ。

【娑婆の語源・由来】

娑婆は仏教から出た言葉で、「忍耐」を意味するサンスクリット語「saha」の音写。
この世は内に煩悩があり、外は苦しみを耐え忍ばなければならない俗世であることから「忍土」と漢訳され、自由のない世界は「娑婆世界」や「娑界」と呼ばれた。
そこから、江戸時代の遊郭では吉原を「極楽」に見立て、吉原の外を「娑婆」と言うようになった。
しかし、拘束されている女郎達の立場からすれば、「娑婆(吉原の外)」は自由な世界にあたるため、本来の意味とは正反対の意味として使われるようになった。

【関連語】

足を洗う(あしをあらう) 浮世(うきよ) 彼方(かなた)
花柳界(かりゅうかい) 苦しい(くるしい) 極楽(ごくらく)
此方(こなた) 地獄(じごく) 社会(しゃかい)
世界(せかい) 世間(せけん) 象牙の塔(ぞうげのとう)
巷(ちまた) 桃源郷(とうげんきょう) 婆(ばば)
パラダイス 仏(ほとけ) ムショ
冥土・冥途(めいど) ヤクザ ユートピア
遊郭・遊廓(ゆうかく) 黄泉(よみ) 梨園(りえん)

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

娑婆(しゃば)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
シャバ・娑婆(しゃば)の意味 - 日本語俗語辞書

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス