四天王

【意味】 四天王とは、ある道や部門、臣下・弟子などの中で、才能や武勇に最も優れた4人の者。

【四天王の語源・由来】

四天王は、仏教の4人の守護神のことで、仏教の守護神である帝釈天に仕え、須弥山(しゅみせん)の中腹にいて四方を守護する、東方の持国天、南方の増長天、西方の広目天、北方の多聞天をいう。
そこから転じて、ある分野で最も優れた4人を「四天王」と呼ぶようになった。
中国へ伝来した過程で、足下に邪鬼を踏み、甲冑をまとって武器を持った武士の形が一般的となったことから、源頼光には「頼光四天王」と呼ばれる、井貞光・卜部季武・坂田金時・渡辺綱の4人がいるように、武士に対して「四天王」とたとえることが多くあった。

【関連語】

アベック 甲冑(かっちゅう) カップル
神(かみ) カルテット 北(きた)
御三家(ごさんけ) コンビ・コンビネーション 三羽烏(さんばがらす)
十哲(じってつ) 優れる・勝れる(すぐれる) 双璧(そうへき)
番い(つがい) 弟子(でし) トリオ
西(にし) 伯仲(はくちゅう) 東(ひがし)
武士(ぶし) ペア 仏(ほとけ)
三つ巴(みつどもえ) 南(みなみ) ライバル

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス