シシャモ

【意味】 シシャモとは、キュウリウオ目キュウリウオ科の海水魚。全長約15センチ。体は細長くワカサギに似る。北海道南東部の太平洋沿岸の一部に分布。産卵前の雌のシシャモは、子持ちシシャモとして珍重される。

【シシャモの語源・由来】

シシャモは、アイヌ語「susuham(ススハム・シュシュハム)」が変化した語。
「susu(スス・シュシュ)」は「柳(川原の柳)」、「ham」は「葉」で、「柳の葉」を意味する。
シシャモを漢字で「柳葉魚」と書くのも、「susuham」の意味から当てたものである。
「柳の葉」が「シシャモ」を表すのは、散っていく柳の葉を哀れんだカムイ(神)が魚にしたとか、飢えに苦しんでいた人々をカムイが哀れんで、柳の葉を魚にしたというアイヌの伝説に由来する。
シシャモは漁獲高が激減し貴重な魚となっているため、「シシャモ」として出回っているものの多くは、「カラフトシシャモ(カペリン・キャペリン)」で、色・姿・味が全く異なる。

【関連語】

味(あじ) あたりめ アマゴ・甘子(あまご)
アメマス・雨鱒(あめます) アユ・鮎(あゆ) 哀れ・憐れ(あわれ)
イクラ イトウ・伊富・伊富魚(いとう) イモホリ・芋掘り(いもほり)
色(いろ) イワナ・岩魚(いわな) イワメ・岩女(いわめ)
海(うみ) 鰹節(かつおぶし) カペリン・キャペリン
神(かみ) からすみ カラフトシシャモ・樺太柳葉魚
カラフトマス・樺太鱒 カワマス・河鱒(かわます) 河原・川原(かわら)
キュウリウオ・胡瓜魚 キリクチ・切り口(きりくち) キングサーモン
ギンザケ・銀鮭(ぎんざけ) くさや クニマス・国鱒(くにます)
子(こ) ゴギ ごまめ
サーモン 魚(さかな) 肴(さかな)
サクラマス・桜鱒(さくらます) サケ・鮭(さけ) 鮭とば(さけとば)
サツキマス・五月鱒・皐月鱒 シラウオ・白魚(しらうお) 姿(すがた)
筋子(すじこ) スルメ・鯣(するめ) タタミイワシ・畳鰯
田作り(たつくり・たづくり) 卵・玉子(たまご) ダンブリ
チカ 散る(ちる) トラウト
生り節(なまりぶし) ニギス・似義須・似鱚 ニジマス・虹鱒(にじます)
葉(は) ビーフジャーキー 干鱈(ひだら)
ヒメマス・姫鱒(ひめます) ビワマス・琵琶鱒(びわます) ベニザケ・紅鮭(べにざけ)
マス・鱒(ます) マスノスケ・鱒の介 目刺し(めざし)
メス・雌・牝(めす) ヤナギ・柳・楊柳(やなぎ) ヤマメ・山女(やまめ)
ワカサギ・公魚(わかさぎ)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス