シソ

【意味】 シソとは、シソ科の一年草。中国原産。全草に強い香がある。

【シソの語源・由来】

シソは、漢名「紫蘇」の字音に由来する。
中国で「紫蘇」の名が付いたのは、食中毒で死にかけていた若者にシソの葉を煎じて飲ませたところ、たちまち元気になったことから、「紫の蘇る草」の意味で「紫蘇」といった話があるが、シソの漢名には「紫蘇」と「蘇」があり、「蘇」のみで「シソ」を表す方が古いため、「紫の蘇る草」ではなく、単に「蘇る草」の意味からであろう。
「蘇」に「紫」が冠されて「紫蘇」になったのは、赤じその葉は両面が赤紫色であることと、一音語は不安定なためである。
「白蘇(ハクソ)」という漢名もあるが、これはシソ科の「エゴマ(荏胡麻)」のことである。
シソは中国原産であるが、日本でも古くから薬用として栽培されており、「ノラエ(野荏)」や「ヌカエ(糠荏)」と呼ばれていた。
『和名抄』にも「蘇」の訓に「ノラエ」と「ヌカエ」が挙げられている。

【関連語】

赤(あか) アキギリ・秋桐(あきぎり) アキチョウジ・秋丁字
アキノタムラソウ・秋の田村草 アロマテラピー イヌコウジュ・犬香じゅ
イヌゴマ・犬胡麻(いぬごま) イブキジャコウソウ・伊吹麝香草 ウツボグサ・靫草(うつぼぐさ)
ウメ・梅(うめ) エゴマ・荏胡麻(えごま) エッセンシャルオイル
エンメイソウ・延命草 オオバ・大葉(おおば) オドリコソウ・踊子草
オレガノ カイジンドウ・甲斐神頭 香り・薫り・馨り(かおり)
カキドオシ・垣通し(かきどおし) カゴソウ・夏枯草(かごそう) カラシ・芥子・辛子(からし)
カワミドリ・河碧・川緑 木・樹(き) キセワタ・着せ綿(きせわた)
キダチヒャクリコウ キランソウ・金瘡小草 草(くさ)
薬(くすり) クラリセージ ケイガイ・荊芥(けいがい)
元気(げんき) コガネバナ・黄金花(こがねばな) コショウ・胡椒(こしょう)
ゴマ・胡麻(ごま) コリウス・コレウス サルビア
サンショウ・山椒(さんしょう) シモバシラ・霜柱(しもばしら) ジャコウソウ・麝香草
ジュウニヒトエ・十二単 ショウガ・生姜(しょうが) シロネ・白根(しろね)
スパイクラベンダー スパイス スペアミント
セイボリー セージ タイム(植物)
タチジャコウソウ・立麝香草 タツナミソウ・立浪草 タンジン・丹参(たんじん)
チョロギ・草石蚕・甘露子 テンニンソウ・天人草 トウバナ・塔花(とうばな)
ナギナタコウジュ・薙刀香じゅ ナミキソウ・浪来草(なみきそう) ニシキゴロモ・錦衣(にしきごろも)
ニンニク・大蒜・葫(にんにく) ネギ・葱(ねぎ) 葉(は)
ハーブ バジル パチュリー・パチョリ
ハッカ・薄荷(はっか) 花・華(はな) ハナトラノオ・花虎の尾
ヒキオコシ・引起(ひきおこし) ペパーミント ホトケノザ・仏の座(シソ科)
マージョラム・マジョラム マンネンロウ・迷迭香 ミカエリソウ・見返草
ミズトラノオ・水虎の尾 ミゾコウジュ・溝香じゅ ミント
ムシャリンドウ・武佐竜胆 ムラサキ・紫(むらさき) メハジキ・目弾(めはじき)
メリッサ ヤクモソウ・益母草(やくもそう) ヤマジソ・山紫蘇(やまじそ)
ヤマハッカ・山薄荷(やまはっか) 蘇る・甦る(よみがえる) ラバンジン
ラベンダー ラベンダーストエカス レオノチス
レモンバーム ローズマリー ワサビ・山葵(わさび)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス