ししおどし

【意味】 ししおどしとは、竹筒に水を引き入れ、溜まった水の重みで筒が反転して水が流れ、元に戻るときに石を打って音を出すようにした装置。添水(そうず)。

【ししおどしの語源・由来】

ししおどしは、元々、田畑を荒らす鹿や猪、鳥などを脅すための装置全般を言い、「かかし」や「鳴子」なども「ししおどし」の一種である。
中でも特に、竹筒に水を引き入れて音を出す「添水(そうず)」を指したことから、「ししおどし」といえば「添水」を表すようになった。
上記のとおり、鳥獣を音で脅すためのものであったが、音が風流なことから日本庭園などに設けられるようになった。
漢字は「獅子脅し(獅子威し)」と表記されることもあるが、ライオンが田畑に来ることなど想定していないため、明らかに間違いである。
また、「猪脅し(猪威し)」といった表記もあるが、「しかおどし」の別名もあることから普通「鹿」が用いられる。

【関連語】

池(いけ) 石(いし) 井戸(いど)
イノシシ・猪(いのしし) エクステリア 音(おと)
脅す・嚇す・威す(おどす) 案山子(かかし) カラン
急須(きゅうす) ケトル 獣(けもの)
シカ・鹿(しか) 獅子(しし) 獣・鹿・猪(しし)
蛇口(じゃぐち) シャワー 如雨露(じょうろ)
スプリンクラー 添水(そうず) 田(た)
タケ・竹(たけ) 銚子(ちょうし) 蹲・蹲踞(つくばい)
筒(つつ) 徳利(とっくり) トリ・鳥(とり)
鳴子(なるこ) 庭(にわ) 畑・畠(はたけ)
柄杓(ひしゃく) 風流(ふうりゅう) ホース
ポット ポンプ 水(みず)
ヤカン・薬缶(やかん) ライオン

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス