獅子

【意味】 獅子とは、ライオン。百獣の王と呼ばれる。また、ライオンに似た想像上の獣。唐獅子。師子。

【獅子の語源・由来】

獅子は、サンスクリット語の「simha(シンハ)」の首音を音訳した「師」に「子」を付して「師子(シーツィ)」となり、のちに獣偏をつけて「獅」になったといわれる。
日本では、「獣」を「しし」と呼び、「猪」や「鹿」が「しし」と表現されていたこともあり、中国から伝わった想像上の動物としての獅子は、「唐獅子(からしし・からじし)」とも呼ばれる。

【関連語】

イノシシ・猪(いのしし) 鬼(おに) カッパ・河童(かっぱ)
唐獅子(からしし・からじし) キリン・麒麟(きりん) 獣(けもの)
狛犬(こまいぬ) シーサー シーズー
シカ・鹿(しか) 獣・鹿・猪(しし) 獅子吼(ししく)
シシザル・獅子猿(ししざる) シシトウ・獅子唐(ししとう) 獅子奮迅(ししふんじん)
シシラン・獅子蘭(ししらん) 竜・龍(たつ) 天狗(てんぐ)
ドラゴン マーライオン ライオン
竜・龍(りゅう)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス