【意味】 白とは、色の一種。雪や塩のような色。光線を一様に反射したときに、明るく感じられる色。白色。白い色。

【白の語源・由来】

白は、形容詞「白し(しろし)」の語幹。
枕草子に「春はあけぼの やうやうしろくなり行く」とあるが、この場合の「しろく」は、明るくはっきりしたさまを表している。
「著しい」を古くは「いちしるし(いちしろし)」と言い、この「しるし(しろし)」は「はっきりしている」という意味である。
「目印」などと用いられる「しるし」も、はっきりしたさまを表している。
白の語源は、これら「はっきりとしたさま」の意味を表す「しろし」「しるし」に通ずる。
また、「し」の音には指示性のある語が多く、明確さを表す音であったと考えられる。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス