しりぞく

【意味】 しりぞくとは、後方へ下がる。貴人の前から退出する。辞める。引退する。引き下がる。

【しりぞくの語源・由来】

しりぞくは、後方の意味の「しり(後)」に、離れる意味の「そく(退く)」が付いた語。
「そく(退く)」は、「そむく(背く)」、「さる(去る)」や「さける(避ける)」などとの関連が考えられる。
漢字の「退」は、「日」に「止まりがちで足が遅れる」といった意味の「夂」、足の動作を表す之繞(しんにょう)から成る字で、足が止まって進まないことを示している。

【関連語】

足・脚・肢(あし) 足を洗う(あしをあらう) 隠居(いんきょ)
引導を渡す(いんどうをわたす) 後ろ(うしろ) 遅れる(おくれる)
下りる・降りる(おりる) 帰る・還る(かえる) 馘首(かくしゅ)
肩叩き(かたたたき) 観念(かんねん) 敬遠(けいえん)
下がる(さがる) 避ける(さける) 匙を投げる(さじをなげる)
去る(さる) 尻(しり) 進む(すすむ)
ずらかる 背く・叛く(そむく) 退屈(たいくつ)
断念(だんねん) 出る(でる) 退く(どく・のく)
止まる・留まる・停まる(とまる) 逃げる(にげる) 離れる(はなれる)
日(ひ) 引く・曳く・退く・牽く・惹く(ひく) 罷免(ひめん)
ボイコット 戻る(もどる) 止める・辞める(やめる)
リコール リストラ リタイア

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス