しらを切る

【意味】 しらを切るとは、知っていながらわざと知らないふりをする。しらばくれる。

【しらを切るの語源・由来】

しらを切るの「しら」は「知らぬ」の略で、「白」は当て字という。
また、「しらじらしい(白々しい)」の「しら」、「真面目」や「正気」の意味の「しら(白)」からともいわれる。
「切る」は、「たんかを切る」「見得を切る」などと同じで、目立つような口ぶりや態度をする意味。

【関連語】

嘯く(うそぶく) お茶を濁す(おちゃをにごす) かまとと
切る・斬る・伐る(きる) 誤魔化す(ごまかす) 護摩の灰(ごまのはい)
鯖を読む(さばをよむ) 白々しい(しらじらしい) 知らぬ顔の半兵衛
しらばくれる 知る(しる) 白(しろ)
空々しい(そらぞらしい) 狸寝入り(たぬきねいり) 啖呵を切る(たんかをきる)
恍ける・惚ける(とぼける) 猫糞(ねこばば) 猫を被る(ねこをかぶる)
ポーカーフェイス 真面目(まじめ) 見栄(みえ)
目立つ(めだつ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス