白河夜船

【意味】 白河夜船とは、何も気がつかないほどぐっすり眠ること。熟睡していて何も気づかないこと。しらかわよぶね。

【白河夜船の語源・由来】

白河夜船の「白河」は京都の地名で、古くは賀茂川と東山との間の地域をいった。
京都見物をしたと嘘をついた人が白河のことを聞かれ、「白川」という川の名前と思い込み、「夜に船で通ったから知らない」と答えたため、嘘がばれてしまったという話から、何もわからないほど眠り込むことをいうようになった。
「白河夜船」は、実際は行っていないのに行ったふりをした話であることから、知ったかぶりの意味で用いられることもある。
また、「白川夜船」とも書かれる。

【関連語】

欠伸(あくび) 鼾(いびき) 嘘(うそ)
うたた寝(うたたね) うつらうつら 川・河(かわ)
ぐっすり 知ったかぶり(しったかぶり) 狸寝入り(たぬきねいり)
泥のように眠る 眠りこける(ねむりこける) 眠る(ねむる)
寝る(ねる) 布団(ふとん) 船・舟(ふね)
ぼんやり 枕(まくら) 微睡む(まどろむ)
夢(ゆめ) 夜(よる) レム睡眠(すいみん)

【関連リンク】

「白河夜船」の意味・由来・出典・類義語・対義語・英語表現・例文

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス