白羽の矢が立つ

【意味】 白羽の矢が立つとは、多くの中から犠牲者として選び出される。多くの人の中から特別に選び出される。白羽が立つ。

【白羽の矢が立つの語源・由来】

白羽の矢が立つは、神への供え物として人間の体を捧げる「人身御供(ひとみごくう)」に由来する。
神の生贄として差し出される少女の家の屋根に、目印として白羽の矢が立てられたという俗信から、犠牲者として選び出される意味となった。
現代では、犠牲者として選び出される意味が薄れ、「次期社長候補として白羽の矢が立った」など、多くの中から抜擢されるたとえしても使われる。
また、矢を的に当てることの連想や、抜擢の意味が含まれるようになったことから、「白羽の矢が当たる」と表現をされることもあるが、上記の由来から「立つ」が正しく、「当たる」とするのは誤りである。

【関連語】

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

白羽(しらは)の類語・同義語 - 類語同義語辞典
白羽の矢が立つの意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典
白羽の矢(しらはのや)の類語・同義語 - 類語同義語辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス