しおり

【意味】 しおりとは、本の読みかけのところに挟んで目印とする、紐や紙片など。案内書。手引き。

【しおりの語源・由来】

しおりは、動詞「枝折る(しおる)」の連用形が名詞化された語。
「しおる」とは、山道などを歩く際、迷わないように木の枝を折って道しるべとする動作のことで、そこから道しるべを「しおり」と言うようになった。
さらに意味が転じ、書物の間に挟んで目印とするものや、案内書などを「しおり」と言うようになった。
また、「枝折る」は、「草木をたわめる、しなわせる」という意味の「撓る・萎る(しおる)」と同一語源と考えられ、「枝折る」や「枝折り」、「栞」は当て字である。

【関連語】

アルバム あんちょこ インフォプレナー
枝(えだ) カタログ 紙(かみ)
木・樹(き) 教科書(きょうかしょ) 位(くらい)
コツ 献立(こんだて) 指南(しなん)
定石・定跡(じょうせき) 印・標・証(しるし) テンプレート
虎の巻(とらのまき) 雛形・雛型(ひながた) ヒモ・紐(ひも)
ファイル プログラム 本(ほん)
的(まと) マニュアル 道(みち)
道標(みちしるべ) 目処(めど) メニュー
めぼしい 目安(めやす) モデル
読む・詠む(よむ) リスト レシピ

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

栞(しおり)の類語・同義語 - 類語玉手箱

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典四字熟語辞典類語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス