潮吹き

【意味】 潮吹きとは、片目が小さくて、口のとがった滑稽な顔つきの男の面。里神楽の馬鹿踊りに用いる。ひょっとこの面。

【潮吹きの語源・由来】

以下の通り諸説あるが未詳。
1.海から上がったと伝えられる鶴岡八幡宮所蔵の「しほふき」の面に真似て作られたことから、「潮吹き」になったとする説。
2.面が「塩吹き」という貝に似ていることからという説。
3.水に溺れる者の表情にみたて、「潮吹き」になったとする説。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス