【意味】 塩とは、しょっぱい味の白い結晶。塩化ナトリウムを主成分とする調味料。

【塩の語源・由来】

『倭名類聚鈔』にも出てくるほど古い語のため、正確な語源は明らかになっていないが、主に海水から作られるため、海水を意味する「潮(しほ・うしほ)」が妥当とされる。
塩が「うしほ」と呼ばれた例もあることから、古くは潮と混同されていた可能性もある。
また、潮と汐の違いは、「朝のしお」と「夕べのしお」の違いである。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス