篠突く雨

【意味】 篠突く雨とは、地面に叩きつけるように激しく降る大雨。

【篠突く雨の語源・由来】

篠突く雨の「篠」とは、細くて群がって生える竹や笹の総称「篠竹」のこと。
「篠突く」は、篠竹を束ねて突き下ろすように、細かいものが集まって飛んでくるさまをいう。
激しく降る大雨は、篠竹を束ねたものが落ちてくるような光景となることから、雨の激しく降るさまを「篠突く雨」というようになった。

【関連語】

雨(あめ) 嵐(あらし) 霰(あられ)
雷(いかずち) イナズマ・稲妻(いなずま) 馬の背を分ける
颪(おろし) 風・風邪(かぜ) カミナリ・雷(かみなり)
狐の嫁入り(きつねのよめいり) 雲(くも) 曇り(くもり)
木枯らし(こがらし) 東風(こち) 小糠雨(こぬかあめ)
細かい(こまかい) サイクロン ササ・笹・篠(ささ)
五月雨(さみだれ) 時雨(しぐれ) 時化(しけ)
篠竹(しのだけ) スコール ストーム
空(そら) 台風(たいふう) タケ・竹(たけ)
束ねる(たばねる) 突く・衝く・撞く(つく) 津波(つなみ)
梅雨(つゆ) てるてる坊主(ぼうず) 天気(てんき)
菜種梅雨(なたねづゆ) 虹(にじ) 激しい・烈しい(はげしい)
疾風(はやて) ハリケーン 春一番(はるいちばん)
晴れ(はれ) 氷雨(ひさめ) 雹(ひょう)
吹雪(ふぶき) 降る(ふる) 細い(ほそい)
霙(みぞれ) 群雨・叢雨・村雨(むらさめ) メイストーム
夕立(ゆうだち) 雪(ゆき)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス