しののめ

【意味】 しののめとは、東の空が明るくなる頃。夜明け方。あけぼの。

【しののめの語源・由来】

漢字で「東雲」と書くのは、東の空の意味からの当て字。
語源は「篠の目(しののめ)」であろう。
古代の住居では、明り取りの役目をしていた粗い網目の部分を「め(目)」といい、篠竹が材料として使われていたため「篠の目」と呼ばれた。
この「篠の目」が「明り取り」そのものもを意味するようになり、転じて「夜明けの薄明かり」や「夜明け」も「しののめ」と言うようになった。

【関連語】

暁(あかつき) 明かり・明るい(あかり・あかるい) 曙(あけぼの)
朝(あさ) 朝っぱら(あさっぱら) 朝ぼらけ(あさぼらけ)
朝まだき(あさまだき) 網(あみ) 有明(ありあけ)
御天道様(おてんとうさま) おはよう 元旦(がんたん)
雲(くも) 頃(ころ) 篠竹(しのだけ)
シノノメグサ・東雲草 住まい(すまい) 空(そら)
太陽(たいよう) 黄昏(たそがれ) 時(とき)
日(ひ) 東(ひがし) 日向(ひなた)
窓(まど) 目・眼(め) 夕べ・昨夜(ゆうべ)
宵(よい) 宵の口(よいのくち) 夜(よる)
黎明(れいめい)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス