四の五の言う

【意味】 四の五の言うとは、なんのかんのと不平や文句を言い立てる。

【四の五の言うの語源・由来】

「四の五の」の語源には、江戸末期の国語辞典『俚言集覧』にある、サイコロ賭博で丁(四)が出るか半(五)が出るか迷うところからという説。
「一も二もなく」といえば「即座に」「とやかく言うまでもなく」といった意味であるが、「一」や「ニ」どころか、「四」や「五」までもぶつぶつ言うところからとする説。
儒教の経書の中で特に重要とされる、「四書五経(四書は『論語』『大学』『中庸』『孟子』、五経は『易経』『書経』『詩経』『礼記』『春秋』)」に由来し、「四書だの五経だのと理屈ばかりこねずに」という意味からなど諸説ある。
こじつけ感の強い「四書五経」の説を除くニ説が有力と考えられるが、特定は難しい。
「四の五の」という表現は、江戸中期頃から現れ、「あれこれ」の意味を表す。
あれこれ不平などを言う意味の「四の五の言う」以外にも、「あれこれ言う余地がないほど素晴らしい」の意味で「四の五もなし」、「あれこれ言う必要がない」の意味で「四も五もいらず」などの表現もあった。
「四の五の」をもじったと思われる表現には、「酢の蒟蒻の(酢だの蒟蒻だの)」という言い方もある。

【関連語】

揚げ足を取る(あげあしをとる) 論う(あげつらう) 言う・云う・謂う(いう)
一言居士(いちげんこじ) いちゃもん 煩い・五月蝿い(うるさい)
姦しい(かしましい) 腐す(くさす) 管を巻く(くだをまく)
愚痴(ぐち) けちをつける 貶す(けなす)
口実(こうじつ) 小言幸兵衛(こごとこうべえ) 御託を並べる(ごたくをならべる)
小爪を拾う(こづめをひろう) ごてれつ コンニャク・蒟蒻(こんにゃく)
サイコロ 酢(す) 即座(そくざ)
竹屋の火事(たけやのかじ) 竹薮の火事(たけやぶのかじ) 茶々を入れる(ちゃちゃをいれる)
丁半(ちょうはん) つべこべ 賭博(とばく)
兎や角(とやかく) 詰る(なじる) 能書き(のうがき)
罵る(ののしる) 半畳を入れる(はんじょうをいれる) 皮肉(ひにく)
ブーイング 屁理屈(へりくつ) 喧しい(やかましい)
野次る(やじる) 横槍(よこやり)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス