しのぎを削る

【意味】 しのぎを削るとは、激しく争う。

【しのぎを削るの語源・由来】

「しのぎ(鎬)」とは、刀の刃と峰(背の部分)の間で稜線を高くした所。
その鎬が削れ落ちるほど激しく刀で斬り合うさまを「しのぎを削る」と言うようになり、後に、刀を用いた争い以外にも熱戦を指して言うようになった。
苦しみに耐えて何とか切り抜ける意味の「凌ぎ」を用いて、「凌ぎを削る」と誤表記されることがある。
「鎬」の語源が「凌ぎ」と関係無いとは言えないが、「しのぎを削る」という慣用表現において「凌ぎ」は関係ないため、「凌ぎを削る」と書くのは間違いである。

【関連語】

軋轢(あつれき) 抗う・争う・諍う(あらがう) 争う(あらそう)
戦・軍(いくさ) 諍い(いさかい) いざこざ
蝸牛角上の争い 敵・仇(かたき) 刀(かたな)
ゲーム 削る・梳る(けずる) 犬猿の仲(けんえんのなか)
喧嘩(けんか) 喧嘩腰(けんかごし) 互角(ごかく)
骨肉相食む(こつにくあいはむ) コンテスト 鎬(しのぎ)
凌ぐ(しのぐ) 鬩ぐ(せめぐ) タイマン
戦い・闘い(たたかい) 太刀打ち(たちうち) 角突き合い(つのつきあい)
鍔迫り合い(つばぜりあい) とっちめる 刃(は)
激しい・烈しい(はげしい) 水掛け論(みずかけろん) 峰(みね)
揉める(もめる) 遣っ付ける(やっつける) ライバル
竜虎相搏つ(りゅうこあいうつ) レース

【オススメ情報】

【オールガイドリンク】

しのぎを削るの意味・用例・出典・類義・対義・英語表現 - 故事ことわざ辞典

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス