神経

【意味】 神経とは、身体の機能をつかさどり、刺激を伝える組織。物事を感じとって反応する心の動き。

【神経の語源・由来】

神経は、前野良沢・杉田玄白らが『解体新書』を翻訳する際、オランダ語「zenuw」の訳として「神気」と「経脈」を合わせて造られた造語。
「神気」は精神を表し、「神」の字には魂や心の意味もある。
「経脈」は経路のことで、「経」は動脈、「路」は静脈を表す。

【関連語】

頭(あたま) 神(かみ) 体(からだ)
感じる(かんじる) 気持ち(きもち) 心(こころ)
細胞(さいぼう) シナプス 情報(じょうほう)
神経衰弱(しんけいすいじゃく) ストレス 精神(せいしん)
組織(そしき) 魂(たましい) 血(ち)
ニューロン ペプチド 骨(ほね)
ホルモン 麻痺(まひ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス