しんがり

【意味】 しんがりとは、退却する軍隊の最後尾にあって、追撃する敵を防ぐ役。列や順番などの一番あと。最後尾。

【しんがりの語源・由来】

最後尾で行動する意味の「しりがり(後駆)」が変化した語。
「殿」の漢字表記は、「臀」の原字に通じる文字で「尻」の意味を持つことから用いられる。
しんがりの同義語には、「後備え(あとぞなえ)」や「殿軍(でんぐん)」、「しりはらい(尻払い)」が変化した「しっぱらい」がある。

【関連語】

挙句の果て(あげくのはて) アンカー 戦・軍(いくさ)
後ろ(うしろ) エピローグ エンド
大喜利(おおぎり) 大詰め(おおづめ) 大晦日(おおみそか)
お仕舞い・お終い(おしまい) お開き(おひらき) 終わり(おわり)
尻・穴(けつ) 終局(しゅうきょく) 終盤(しゅうばん)
尻(しり) 真打(しんうち) 千秋楽(せんしゅうらく)
大団円(だいだんえん) 晦・晦日(つごもり) 敵(てき)
殿(との) トリ 果て(はて)
ビリ フィナーレ ブービー
幕切れ(まくぎれ) ラスト

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス