新聞

【意味】 新聞とは、社会の出来事を伝える定期刊行物。

【新聞の語源・由来】

この語は、中国の唐時代、地方で起こった出来事を記した随筆体の読み物『南楚新聞』で最初に使われた。
意味は文字通り、「新しく聞いた話」といったところであろう。
日本初の新聞は、英字紙『The Nagasaki Shipping-list and Advertiser』で、文久元年(1861年)6月創刊。
日本語初のものは、翌年の文久2年(1862年)1月発行の『官板バタビヤ新聞』だが、マカオやバタビヤ(現在のジャカルタ)などの雑誌を翻訳した冊子で、現在とはかなり体裁が異なった。
日刊紙は明治3年(1870年)に創刊された『横浜毎日新聞』が最初となる。
「newspaper」の訳語として「新聞」が用いられたのは慶応4年(1868年)頃からで、「新聞紙」という訳語も使われていたが、固有名詞に「新聞」が多く用いられたため、明治20年代から「新聞紙」は単なる紙としての性質を意味するようになった。

【関連語】

新しい(あたらしい) 悪事千里を走る 一大事(いちだいじ)
インタビュー エッセイ 紙(かみ)
瓦版(かわらばん) 聞く・聴く(きく) クチコミ・口コミ(くちこみ)
経済(けいざい) 下馬評(げばひょう) コラム
雑誌(ざっし) 三面記事(さんめんきじ) ジャーナリズム
社会(しゃかい) 情報(じょうほう) スキャンダル
スクープ すっぱ抜く(すっぱぬく) スポーツ
政治(せいじ) 世間(せけん) タブロイド
チラシ 手紙(てがみ) NEWS・ニュース
白書(はくしょ) ビラ 文・書(ふみ)
Blog・ブログ 本(ほん) マスコミ
耳寄り(みみより) 読む・詠む(よむ) ラテ欄(らん)
ルポルタージュ レポート

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス