竹刀

【意味】 竹刀とは、剣道で使用する竹製の刀。四本の割り竹の切っ先と柄に革をはめたもの。ちくとう。

【竹刀の語源・由来】

弾力があってしなやかに曲がる意味の動詞「撓う(しなう)」の連用形「撓い(しない)」に、「竹」がついた「撓い竹(しないたけ・しないだけ)」の略である。
「しない竹」は竹刀を作るのに用いる、よくしなう竹を指し、竹刀そのものも指した。
漢字表記には、「撓」「試合刀」「革刀」「竹袋」「品柄」「順刀」などもあった。

【関連語】

合口・匕首(あいくち) 刀(かたな) 甲冑(かっちゅう)
兜(かぶと) 皮・革(かわ) サーベル
鞘(さや) 撓う(しなう) 鎬(しのぎ)
手裏剣(しゅりけん) タケ・竹(たけ) 竹光(たけみつ)
太刀(たち) 盾(たて) 殺陣(たて)
チャンバラ 柄(つか) 鍔(つば)
剣(つるぎ) ドス 薙刀・長刀(なぎなた)
矛・鉾(ほこ) 矢(や) 槍・鑓・鎗(やり)
弓(ゆみ) 鎧・甲(よろい)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス