しもやけ

【意味】 しもやけとは、寒さによる血行障害で、その部分が赤く腫れて痛がゆくなったり、熱く感じる。手や足のほか、耳たぶ、鼻先など末端部に起こる。軽い凍傷。凍瘡。霜腫れ。

【しもやけの語源・由来】

しもやけは、霜に触れた時のように、皮膚が焼けた感じになるところからであろう。
しもやけは寒さのために起こるものなので、霜は「霜の降りるような寒い時」の意味も含まれていると考えられる。
平安時代には、霜が降りる寒い時に「朽ちる」という意味から、「しもやけ」や「あかぎれ」は「しもくち(霜くち)」と呼ばれた。
中世末期には、「腫れる」ところから、「しもやけ」は「しもばれ(霜腫れ)」と言った。
「しもやけ」の語が見られるようになるのは、1600年代後半である。
江戸時代には、同様の意味から「ゆきやけ(雪焼け)」という語が見られ、現在も日本海側では「しもやけ」の方言として用いられる。

【関連語】

赤(あか) 皹・皸(あかぎれ) 痣(あざ)
足・脚・肢(あし) 汗疹(あせも) 熱い・暑い(あつい)
アトピー 痘痕(あばた) アレルギー
痛い(いたい) 疣(いぼ) 魚の目(うおのめ)
膿(うみ) 御出来(おでき) 痒い(かゆい)
皮・革(かわ) 傷(きず) 朽ちる(くちる)
ケガ・怪我(けが) 凍える(こごえる) 瘤(こぶ)
寒い(さむい) 痔(じ・ぢ) 凝り・痼り(しこり)
霜(しも) 皺・皴(しわ) 蕁麻疹(じんましん)
雀斑(そばかす) 胼胝・胝(たこ) 田虫(たむし)
たん瘤(たんこぶ) 血(ち) 手(て)
ニキビ・面皰(にきび) 麻疹(はしか) 肌・膚(はだ)
鼻(はな) 腫れる・脹れる(はれる) 皹・皸・胼(ひび)
贅(ふすべ) 砲創・砲瘡(ほうそう) 黒子(ほくろ)
肉刺(まめ) 水虫(みずむし) 耳たぶ(みみたぶ)
面疔(めんちょう) 蒙古斑(もうこはん) 物貰い(ものもらい)
焼く(やく) 火傷(やけど) 病(やまい)
雪(ゆき)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス