しもた屋

【意味】 しもた屋とは、商店でない、普通の家。

【しもた屋の語源・由来】

しもた屋は、「しもうたや」が音変化した語。
「しもう」は、「終える」「片付ける」を意味する動詞「仕舞う(しまう)」に由来し、漢字では「仕舞屋」「仕舞うた屋」「仕舞た屋」などと書く。
ここでの「しまう」は、「店をたたむ」「商売をやめる」といった意味で、江戸時代、ある程度の財産ができると店をたたんで、普通の家に住むことをいった。
しもた屋の多くは、表向きは普通の家であるが、裏で家賃や金利などで収入を得て、裕福な暮らしをする者が多かったといわれる。

【関連語】

商い(あきない) 商人(あきんど) 東屋・四阿(あずまや)
アパート 荒ら屋(あばらや) 家(いえ)
庵(いおり) ウサギ小屋(うさぎごや) 家(うち)
キャビン コテージ コンドミニアム
シャレー 商人(しょうにん) ショップ
スイートルーム 住まい(すまい) 団地(だんち)
亭(ちん) テント 塒(ねぐら)
バンガロー 左団扇(ひだりうちわ) ヒュッテ
ヴィラ ビル プレハブ
ブローカー 文化住宅(ぶんかじゅうたく) 部屋(へや)
ペンション ホテル マンション
店(みせ) モーテル 屋敷・邸(やしき)
宿(やど) 利息(りそく) ログハウス
ロッジ

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド故事ことわざ辞典類語玉手箱日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス