【意味】 霜とは、冷却した地面や地上の物体の表面に空気中の水蒸気が昇華し、氷の結晶として凝結したもの。

【霜の語源・由来】

霜の語源には、しも(下)にあるところからとする説。
草木がしぼむところから、「しぼむ(萎む)」の意味。
「しみ(凍み)」に通じる語。
「し」が「白」、「も」が「寒い」もしくは「毛(もう)」の意味など諸説あるが、正確な語源は解っていない。
漢字の「霜」は「雨+音符相」からなる会意兼形声文字で、「相」には「別々に並ぶ」「縦に向かい合う」の意味があり、霜柱が縦に並び立つところから作られた。

【関連語】

雨(あめ) 霧(きり) 毛(け)
氷(こおり) 寒い(さむい) 萎む・凋む(しぼむ)
凍みる(しみる) 下(しも) 霜月(しもつき)
シモバシラ・霜柱(しもばしら) 霜焼け(しもやけ) 白(しろ)
露(つゆ) 氷柱(つらら) 柱(はしら)
水(みず) 湯(ゆ) 雪(ゆき)
湯気(ゆげ)

【関連リンク】

「霜」を含むことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語の一覧

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス