四股・四股名

【意味】 四股とは、相撲で力士が両足を開き膝に手をそえて構え、足を交互に高く上げて、力を強く踏みおろす一連の動作。
四股名とは、力士の呼び名。あだ名。

【四股・四股名の語源・由来】

漢字は当て字で、「醜(しこ)」を語源とする説が有力である。
「醜」は醜く良くないことの意味もあるが、古くは強く恐ろしいことや頑丈なことを意味したことから一連の動作を「醜足(しこあし)」といい、略されて「しこ」となったという。
その他、「肉凝(しこる)」の意味からといった説もある。
現在、四股は当て字のまま用いられ、呼び名は「醜名」が本来の形としながらも、当て字の「四股名」が用いられる。
それは、「醜名」を「しゅうめい」と読むと、「汚名」の意味になるためかもしれない。

【関連語】

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス