時化

【意味】 時化とは、風雨で海が荒れること。海が荒れて魚が捕れないこと。興業などで客の入りが悪いこと。また、商品の売れ行きが悪いこと。不景気。

【時化の語源・由来】

動詞「時化る(しける)」の連用形からで、漢字は当て字。
『日葡辞書』に「天気が曇る」とあるように、古くは空が曇る意味で用いられた。
「湿気」を活用させた「湿気る(しける)」と同源で、それが天候に結びつけられたと思われる。
天気が曇ることから海が荒れる意味になり、海が荒れることから不漁の意味。
更に、不漁から客の入りや商品の売れ行きが悪いなど不景気の意味にもなり、金回りが悪くなると気分が暗くなるところから、「しけた顔(ツラ)」など人の状態も表すようになった。

【関連語】

雨(あめ) 荒い・粗い(あらい) 嵐(あらし)
霰(あられ) 雷(いかずち) イナズマ・稲妻(いなずま)
海(うみ) 颪(おろし) 顔(かお)
風・風邪(かぜ) カミナリ・雷(かみなり) 閑古鳥が鳴く(かんこどりがなく)
狐の嫁入り(きつねのよめいり) 雲(くも) 曇り(くもり)
暗い(くらい) 木枯らし(こがらし) 東風(こち)
サイクロン 魚(さかな) 五月雨(さみだれ)
時雨(しぐれ) 篠突く雨(しのつくあめ) ストーム
空(そら) 台風(たいふう) 津波(つなみ)
梅雨(つゆ) 面・頬(つら) 天気(てんき)
時(とき) 凪(なぎ) 菜種梅雨(なたねづゆ)
疾風(はやて) ハリケーン 春一番(はるいちばん)
晴れ(はれ) 氷雨(ひさめ) 雹(ひょう)
吹雪(ふぶき) 水揚げ(みずあげ) 霙(みぞれ)
メイストーム 雪(ゆき)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス