シジュウカラ

【意味】 シジュウカラとは、スズメ目シジュウカラ科の小鳥。全長約15センチ。頭部は黒く、頬は白い。喉から尾まで黒い縦筋がある。

【シジュウカラの語源・由来】

平安時代には「シジウカラメ」と呼ばれ、室町時代から「シジウカラ」と略された。
シジュウカラのさえずりは「ツツピーッツピー」、地鳴きが「チ・チジュクジュク」と表されるので、「シジウ」は鳴き声を表したものと考えられている。
「カラ」は、ヤマガラの「ガラ」や、ツバクラメ(ツバメ)の「クラ」と同じく、鳥類を表す語。
「メ」は「群れ」の意味か、鳥を表す接尾語。
五十雀がいるせいか、四十雀の「四十」を「40羽」と数で考える説もある。
しかし、ゴジュウカラはシジュウカラに似ているところから付いた名なので、五十雀の存在を考慮する必要はなく、「四十」は「シジウ」の音から当てられたと考えるのが妥当である。

【関連語】

頭(あたま) エボシガラ・烏帽子雀 尾(お)
カンムリガラ・冠雀(かんむりがら) 黒(くろ) 声(こえ)
コガラ・小雀(こがら) ゴジュウカラ・五十雀 囀る(さえずる)
サルタンガラ・サルタン雀 シジュウカラガン・四十雀雁 白(しろ)
スズメ・雀(すずめ) ツバメ・燕(つばめ) トリ・鳥(とり)
泣く・鳴く・啼く(なく) 喉・咽(のど) ハシブトガラ・嘴太雀
ヒガラ・日雀(ひがら) 頬(ほお・ほほ) 群れ(むれ)
ヤマガラ・山雀(やまがら ルリガラ・瑠璃雀(るりがら)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス