資本

【意味】 資本とは、元手となる金。労働・土地と並び、生産の三要素のひとつ。

【資本の語源・由来】

資本は中国後漢の語学書『釈名』にある言葉だが、日本での使用は、江戸後期の農政学者佐藤信淵が著した経世書『経済要録』に「大金の資本」とあるのが古い。
この語が広く使われるようになるのは、英語「capital」の訳語として用いられるようになった明治以降のことで、当初は「財本」が当てられていた。

【関連語】

エコノミー 会社(かいしゃ) 金(かね)
株式(かぶしき) 勘定(かんじょう) カンパニー
キャピタル 経済(けいざい) ファイナンス
ファンド 簿記(ぼき) マネー
元・本・基(もと)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス