仕事

【意味】 仕事とは、生計を立てるために行う事柄。職業。

【仕事の語源・由来】

しごとの「し」は、「動作」「行為を行う」意味のサ変動詞「す(為)」の連用形「し」で、「ごと」は「事」。
本来、しごとは単に「すること」の意味でしかなかった。
「すること」は「すべきこと」でもあり、「すべきこと」は生きていくために働くことでもあるため、「職業」も意味するようになり、やがて「お金を稼ぐために行うこと」「職業」といった意味で「仕事」を用いることが多くなった。
語源からすれば本来の表記は「為事」で、「仕事」の「仕」は音からの当て字といわれるが、江戸時代には「する(為る)」を「仕る」とした例が多く見られることから、単なる当て字ともいいきれない。

【関連語】

商い(あきない) 商人(あきんど) 天下り(あまくだり)
アルバイト 勤しむ(いそしむ) 営む(いとなむ)
売る(うる) 会社(かいしゃ) 稼ぐ(かせぐ)
金(かね) カンパニー グレーカラー
サービス サラリーマン 出張(しゅっちょう)
商人(しょうにん) 為る(する) 仕える(つかえる)
勤める(つとめる) トラバーユ 生業(なりわい)
ニート 野良仕事(のらしごと) ノルマ
パートタイマー 励む(はげむ) 働く(はたらく)
半ドン(はんどん) ビジネス 筆耕(ひっこう)
プー太郎・風太郎(ぷうたろう) フリーター ブルーカラー
ホワイトカラー 名刺(めいし) 儲ける(もうける)
夜なべ(よなべ) リクルート リストラ

【関連リンク】

「仕事」「職業」「職」の違い
仕事(しごと)の意味・類語・同音異義語
「仕事」を含むことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語の一覧
「仕事・職業」の違い一覧
「仕事・商売」のことわざ・慣用句・故事成語・四字熟語の一覧
「仕事」の雑学一覧

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス