七輪

【意味】 七輪とは、煮炊きなどに用いる土製のコンロ。

【七輪の語源・由来】

七輪は小型かつ燃焼効率が良く、少量の炭で足りることから、ものを煮るのに炭の価が7厘程度で間に合うという意味で、「七厘」と呼ばれるようになり、円形のものが多かったことから「七輪」と当てられたとする説が有力である。
現在の七輪と同様のものが江戸時代から作られており、通貨の「厘」は明治時代に入って使われているため疑問も残るが、江戸以前は別の呼称で呼ばれていたとすれば十分に考えられる。
他の説では、底にある空気穴が7つあることから「七輪」と呼ぶようになったとする説と、七厘ほどの重さの炭で足りることからといった説があり、空気穴の説は、穴が7つとは限らないことや「穴」を「輪」と捉えている点から考え難い。
重さの説は、通貨の説の問題点を解決しているように思えるが、七厘(0.2625g)の炭では少な過ぎるため、この説も考え難い。

【関連語】

穴・孔(あな) 油・脂・膏(あぶら) 炙る・焙る(あぶる)
網(あみ) 行火(あんか) 炒める(いためる)
囲炉裏(いろり) ウナギ・鰻(うなぎ) オーブン
カイロ・懐炉(かいろ) ガス・瓦斯(がす) 蒲焼(かばやき)
釜・窯(かま) 竈(かまど) かんてき
グリル コタツ・炬燵・火燵(こたつ) コンロ・焜炉(こんろ)
サンマ・秋刀魚(さんま) ジャー ストーブ
炭・墨(すみ) 炊く・焚く(たく) 暖炉(だんろ)
土(つち) 鍋(なべ) 煮る(にる)
バーナー バーベキュー 火(ひ)
ヒーター 備長炭(びんちょうたん) フライパン
ブロイラー 焼く(やく) 湯たんぽ・湯湯婆(ゆたんぽ)
レンジ ロースト 輪(わ)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス