七面鳥

【意味】 七面鳥とは、キジ目キジ科の鳥。北アメリカ原産。肉は美味。欧米では肉用家禽として飼育され、クリスマスや収穫祭の料理などに用いられる。ターキー。

【七面鳥の語源・由来】

七面鳥は、頭から首にかけて皮膚が露出し、色が赤・青・紫などに変わることから名付けられた。
新潟県では気持ちの変わりやすい人を「七面鳥」と言い、アジサイが「七花」や「七色花」「七変化」などの別称があることから、新潟県や佐賀県ではアジサイを「七面鳥」と呼ぶところもある。
これらは、七面鳥の皮膚の色が変わることに喩えた呼称である。
七面鳥はアメリカで家禽され、16世紀にヨーロッパにもたらされた。
日本には、明治時代前期にオランダから移入されたといわれる。

【関連語】

青(あお) 赤(あか) アジサイ・紫陽花(あじさい)
頭(あたま) 天邪鬼(あまのじゃく) 色(いろ)
ウズラ・鶉(うずら) オナガドリ・尾長鶏 皮・革(かわ)
キジ・雉・雉子(きじ) キンケイ・錦鶏(きんけい) ギンケイ・銀鶏(ぎんけい)
クジャク・孔雀(くじゃく) 首・頸(くび) クリスマス
コジュケイ・小綬鶏(こじゅけい) サンケイ・山鶏(さんけい) シャコ・鷓鴣(しゃこ)
シャモ・軍鶏(しゃも) ジュケイ・綬鶏(じゅけい) セイラン・青鸞(せいらん)
セキショクヤケイ・赤色野鶏 ターキー チキン
チャボ・矮鶏(ちゃぼ) トリ・鳥(とり) 名古屋コーチン
肉(にく) ニワトリ・鶏(にわとり) パーティー
ハッカン ブロイラー ホロホロチョウ・ほろほろ鳥
祭り(まつり) ムラサキ・紫(むらさき) ヤケイ・野鶏(やけい)
ヤマウズラ・山鶉(やまうずら) ヤマドリ・山鳥(やまどり) ライチョウ・雷鳥(らいちょう)
料理(りょうり)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス