芝居

【意味】 芝居とは、演劇。特に歌舞伎・新派など、日本固有の興行物。演技。

【芝居の語源・由来】

芝居は、鎌倉時代に入ってから見られる語だが、当初は芝の生えている場所をいう現在の「芝生」の意味で用いられたり、酒宴のために芝生に座ることをいった。
室町時代になり、寺の本堂などで猿楽や田楽・曲舞などの興行が行われ、大衆向けに芝生を柵で囲った見物席が設けられたため、見物席を「芝居」というようになった。
江戸時代になると歌舞伎が演劇として成立し、見物席を含む劇場そのものも「芝居」というようになり、さらに、劇場で演じられる演劇自体を「芝居」と呼ぶようになって、役者の演技も意味するようになった。

【関連語】

アドリブ アングラ 歌・唄・詩(うた)
宴(うたげ) 映画(えいが) エキストラ
御伽話・御伽噺(おとぎばなし) 踊り・躍り(おどり) 音楽(おんがく)
楽屋(がくや) 神楽(かぐら) 歌舞伎(かぶき)
絡繰り・機関(からくり) 脚色(きゃくしょく) 脚本(きゃくほん)
狂言(きょうげん) 銀幕(ぎんまく) 杮落とし(こけらおとし)
猿芝居(さるしばい) ジェスチャー シナリオ
芝(しば) 小説(しょうせつ) 女優(じょゆう)
スタント 捨て台詞(すてぜりふ) 座る・坐る(すわる)
セリフ・台詞(せりふ) 千秋楽(せんしゅうらく) 大根役者(だいこんやくしゃ)
台本(だいほん) 殺陣(たて) タレント
茶番劇(ちゃばんげき) チャンバラ 寺(てら)
田楽(でんがく) ト書き(とがき) ドラマ
人形(にんぎょう) 能(のう) 俳優(はいゆう)
パフォーマンス 舞(まい) 幕(まく)
幕間(まくあい) メロドラマ 物語(ものがたり)
落語(らくご) 梨園(りえん) 脇役(わきやく)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス