シャープペンシル

【意味】 シャープペンシルとは、芯をバネ仕掛けで繰り出して用いる鉛筆を改良した筆記具。シャープペン。シャーペン。シャープ。

【シャープペンシルの語源・由来】

シャープペンシルは、「sharp」と「pencil」からなる和製英語。
英語で「シャープペンシル」は、「mechanical pencil」や「propelling pencil」と呼ばれる。
シャープペンシルが最初に発明されたのは、1822年にイギリスのホーキンスとモーダンによるものといわれる。
1837年から1838年頃のアメリカで、「Eversharp Pencil(エバーシャープペンシル:常に尖った鉛筆)」の商標名で売り出された。
日本には1877年に輸入され、当初は「繰出鉛筆」と呼ばれていた。
早川金属工業株式会社(現在、大手家電メーカー シャープ株式会社)の創始者である早川徳次が、1915年、実用に耐えられるようニッケル製の繰出鉛筆を発明し、「早川式繰出鉛筆」の名で特許を取得した。
翌年、芯を細く改良された早川式繰出鉛筆は、「Ever ready sharp pencil(エバーレディシャープペンシル:常備されている尖った鉛筆)」の名で発売された。
ここから解るとおり、シャープペンシルの名は、「エバーレディシャープペンシル」に由来するものであるが、その名はアメリカの「エバーシャープペンシル」に由来する。
現在の『シャープ株式会社』の名は、「シャープペンシル」から取られたもので、シャープ株式会社が発明したから「シャープペンシル」という名がついた訳ではない。
「シャープペンシル」は「シャープペン」や「シャーペン」「シャープ」と略され、どれが正しい略であるかといった問もあるが、略し方に決まったルールなどないので、相手に通じるのであれば自分が良いと思う略し方をすれば良い。

【関連語】

インキ・インク 鉛筆(えんぴつ) 書く・描く・画く(かく)
カラス口・烏口(からすぐち) クレパス クレヨン
コンテ コンパス シャープ
定規(じょうぎ) 芯(しん) スケール
硯(すずり) 炭・墨(すみ) 鋭い(するどい)
算盤(そろばん) チョーク ディバダ
テンプレート テンペラ 尖る(とがる)
ドラフター ニッケル 糊(のり)
ハサミ・鋏(はさみ) パステル バネ・発条・撥条(ばね)
フェルトペン 筆(ふで) 文・書(ふみ)
ペンキ ペンシル ボールペン
ホッチキス マジックインキ 万年筆(まんねんひつ)
文字(もじ) 物差し(ものさし) 矢立て(やたて)
落書き(らくがき) ワープロ

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス