十二指腸

【意味】 十二指腸とは、胃の幽門に続く小腸の最初の部分。

【十二指腸の語源・由来】

十二指腸は指を12本横に並べたくらいの長さという意味で命名された。
日本初の西洋医学の翻訳書である『解体新書(1774年)』には、「十二指腸は其の長さ十二の指の横径の如くして、胃の下口に接す」と書かれている。
ただし、実際の長さは25~30cmで、指12本の長さよりもやや長い。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス