如雨露

【意味】 如雨露とは、植木などに水をかけるのに使う道具。水を溜める容器に管をつけ、多くの小穴が開いた管先から細かく水が出るようにしたもの。ジョーロ。じょろ。

【如雨露の語源・由来】

如雨露は、「水の噴出」を意味するポルトガル語「jorro」、もしくは、同じくポルトガル語で「水差し」を意味する「jarra」からと考えられる。
じょうろは「じょろ」とも呼ばれていたため、水が出る時の「じょろじょろ」という音が語源とも言われるが、南蛮渡来の物と考えられていることや、「ジョーロ」と発音されることが多かったことから、ポルトガル語に由来すると考えて間違いないであろう。
漢字の「如雨露」は、「雨露の如し(ごとし)」の意味と音からの当て字で、江戸時代には「上露」「上漏」「如露」などの字も当てられている。

【関連語】

穴・孔(あな) 雨(あめ) 井戸(いど)
エクステリア ガーデニング カラン
木・樹(き) 急須(きゅうす) 霧(きり)
草(くさ) 管(くだ) 熊手(くまで)
ケトル 肥やし(こやし) 鹿威し(ししおどし)
ジャグジー 蛇口(じゃぐち) シャワー
スコップ スプリンクラー スプレー
添水(そうず) 銚子(ちょうし) 道具(どうぐ)
徳利(とっくり) 苗(なえ) バケツ
鉢(はち) 花・華(はな) 柄杓(ひしゃく)
プランター ホース ポット
ポンプ 水(みず) ヤカン・薬缶(やかん)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス