序の口

【意味】 序の口とは、相撲の番付で一番下に記される位。序二段の下。また、その地位の力士。物事がはじまったばかりのところ。相撲では「序ノ口」と表記し、始まったばかりを意味する時は「序の口」と表記することが多い。

【序の口の語源・由来】

序ノ口は番付に初めて記される位なので、「上り口」という意味から古くは「上ノ口」と表記されていた。
「上ノ口」が「序ノ口」と表記されるようになったのは、「序」には「序盤」などのように物事の初めや最初の意味があるからだが、一番下の位であるのに「上」と書かれる意味が解り辛かったのも理由のひとつであろう。
物事がはじまったばかりを意味する「序の口」は、相撲の「序ノ口」に由来する。

【関連語】

糸口(いとぐち) 上(うえ) 大銀杏(おおいちょう)
大関(おおぜき) 角界(かくかい・かっかい) 皮切り(かわきり)
きっかけ 行司(ぎょうじ) 草分け(くさわけ)
口(くち) 位(くらい) 杮落とし(こけらおとし)
小結(こむすび) 三段目(さんだんめ) 敷居(しきい)
四股・四股名(しこ・しこな) 下(した) 十両(じゅうりょう)
序二段(じょにだん) 序盤(じょばん) 相撲(すもう)
草創(そうそう) 丁髷(ちょんまげ) 登竜門(とうりゅうもん)
上る・登る・昇る(のぼる) はっけよい 火蓋を切る(ひぶたをきる)
封切り(ふうきり) 褌(ふんどし) 前頭(まえがしら)
幕内(まくうち) 幕下(まくした) 横綱(よこづな)
力士(りきし)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス