じゃんけん

【意味】 じゃんけんとは、二人以上が手で「グー(石)」「チョキ(ハサミ)」「パー(紙)」の形を作り、出した形で勝負を決める遊び。

【じゃんけんの語源・由来】

じゃんけんは近世に中国から入った拳遊び(けんあそび)の一種で、当時は酒席で行われることが多かった。
拳遊びには「本拳」「虫拳」「狐拳」「石拳」など数種類あり、日本では「石拳」が残り、じゃんけんとなった。
語源は「石拳(じゃくけん)」が訛ったとする説や、「両拳・鋏拳(りゃんけん)」が訛ったとするなど諸説あるが、中国語が訛ったものであることには違いない。
昔は「石拳(いしけん)」や「石紙(いしかみ)」とも言われ、九州の「しゃりけん・りゃんけん」、関西の「いんじゃん・じゃいけん」など、現在でも地方によって様々な呼称がある。
ちなみに、じゃんけんで使われる「最初はグー」の掛け声は、「8時だヨ!全員集合」の西部劇コントの中で使われ全国的に広まった。
ドリフの飲み会では支払い担当をじゃんけんで決めていたが、皆酔っ払っていてタイミングが合わないため、志村けんが「最初はグーで揃えましょう」と言い出し、番組でも「最初はグー」が取り入れられたそうである。

【関連語】

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス