弱冠

【意味】 弱冠とは、男子の20歳のこと。年が若いこと。

【弱冠の語源・由来】

中国周時代の制度に由来する。
古代中国では男子の20歳を「弱」といい、その歳になると元服して冠をかぶったことから、男子の20歳を「弱冠」と言うようになった。
日本でも、男子の20歳の意味で使われていたが、「年が若い」という意味でも使われるようになり、基本的には男性にのみ用いるが、女性にも用いられるようになった。
さらに現在では、「弱冠17歳で○○した」「弱冠28歳で△△した」というように、一般的に成し遂げられる年齢よりも若いという意味で用いられるようになった。

【関連語】

青二才(あおにさい) 幼気(いたいけ) 初・初心(うぶ)
幼い(おさない) 男(おとこ) 大人(おとな)
おませ 女(おんな) ガキ・餓鬼(がき)
冠(かんむり) 麒麟児(きりんんじ) こましゃくれる
思春期(ししゅんき) 若干(じゃっかん) 青春(せいしゅん)
丁年(ていねん) 年・歳(とし) 二十歳(はたち)
破天荒(はてんこう) 飛兎竜文(ひとりゅうぶん) 陳ねる(ひねる)
老成る(ませる) 弱い(よわい) 齢(よわい)
若い(わかい)

【関連リンク】

「若干」と「弱冠」の違い

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス