ジャガイモ

【意味】 ジャガイモとは、ナス科の多年草。南米アンデス中南部山地の原産。高さ約60センチメートル。地下茎が分枝して、その先にデンプンが蓄えられて芋となる。芋は食用とされる。馬鈴薯。ジャガいも。

【ジャガイモの語源・由来】

ジャガイモは、「ジャガタラ芋(ジャガタラいも)」の略。
ジャガタラとは、インドネシアの首都「ジャカルタ」のことで、16世紀末頃、オランダ商船によりジャカルタから渡来したためこの名がある。
ジャガイモが日本へ伝来した当初は、観賞用とされていた。
ジャガイモの花は白・黄・淡紫色などで、結実することは少ないが果実はトマトに似る。

【関連語】

アヒアマリージョ ウルピカ イモ・芋・薯・藷(いも)
黄色(きいろ) 菊芋(きくいも) キダチトウガラシ・木立唐辛子
茎(くき) クコ・枸杞(くこ) サツマイモ・薩摩芋
サトイモ・里芋(さといも) サフィニア シザンサス
シシトウ・獅子唐(ししとう) 白(しろ) ジロ
ダツラ タバコ・煙草(たばこ) タマサンゴ・玉珊瑚(たまさんご)
タマリロ 男爵薯(だんしゃくいも) 捏ね芋・仏掌薯
ツノナス・角茄子(つのなす) トウガラシ・唐辛子(とうがらし) トマト
ナス・茄子(なす) ニコチアナ ハシリドコロ・走野老
花・華(はな) ハバネロ パプリカ
馬鈴薯(ばれいしょ) ピーマン ヒヨス・菲沃斯(ひよす)
ヒヨドリジョウゴ・鵯上戸 ベジタブル ペチュニア
ペピーノ ベラドンナ ホオズキ・酸漿・鬼灯
ポテト ポテトチップス マンドレイク
実(み) ミリオンベル ムラサキ・紫(むらさき)
メークイン 八百屋(やおや) ロコト
ワルナスビ・悪茄子(わるなすび)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

意味類語辞典違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書食品食材栄養事典from Food

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス