襦袢

【意味】 襦袢とは、和服用の下着。じばん。半襦袢・長襦袢・肌襦袢など。

【襦袢の語源・由来】

漢字は当て字で、ポルトガル語の「ジバン」か、その古形「ジュバン」の転訛という。
「ジバン」「ジュバン」は「袖の広い上着」を意味するアラビア語「jubbeh」が語源となる。
日本の下着は白無垢の対丈仕立てであったが、南蛮人によって襦袢がもたらされた16世紀頃からは、丈の短い襦袢が流行し、腰あたりまでの「半襦袢」、身丈ほどの「長襦袢」などが作られた。

【関連語】

越中褌(えっちゅうふんどし) おしめ オムツ・御襁褓(おむつ)
着物(きもの) 腰(こし) 呉服(ごふく)
作務衣(さむえ) 猿股(さるまた) 甚平(じんべい)
ステテコ 袖(そで) 丈(たけ)
犢鼻褌(たふさぎ) 丹前(たんぜん) 褞袍(どてら)
ナプキン 南蛮(なんばん) ネグリジェ
袴(はかま) パジャマ 法被・半被(はっぴ)
パンツ 半纏(はんてん) ビキニ
ファッション ブラジャー 振袖(ふりそで)
褌(ふんどし) 畚褌(もっこふんどし) 浴衣(ゆかた)
流行(りゅうこう)

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

オールガイド違いがわかる事典なぜなに大事典故事ことわざ辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス