ジンチョウゲ

【意味】 ジンチョウゲとは、ジンチョウゲ科の常緑低木。中国原産。早春、香りの強い花が多数開く。瑞香。沈丁。ちんちょうげ。

【ジンチョウゲの語源・由来】

ジンチョウゲ科の「沈香」のような香りがあり、フトモモ科の「丁字(クローブ)」に似た花をつけることから、「沈丁花」と名付けられた。
日本への渡来は室町時代で、古くは「ヂンチャウケ」と、最後の音節が清音であった。
「チンチョウゲ」とも言い、「瑞香(ずいこう)」は中国での名である。

【関連語】

オニシバリ・鬼縛(おにしばり) ガンピ・雁皮(がんぴ) 木・樹(き)
キガンピ・黄雁皮(きがんぴ) クローブ コショウノキ・胡椒の木
ジンコウ・沈香(じんこう) ズイコウ・瑞香(ずいこう) チョウジ・丁子・丁字(ちょうじ)
花・華(はな) 春(はる) フトモモ・蒲桃(ふともも)
ミツマタ・三椏・三叉(みつまた)

【オススメ情報】

更新情報

週間ランキング

月間ランキング


▲ ページトップ ▲

類語辞典違いがわかる事典故事ことわざ辞典四字熟語辞典日本語俗語辞書

Copyright ©2003- 語源由来辞典 All Rights Reserved.
運営 株式会社ルックバイス